マルチ・ボウル

食べ過ぎ注意!ピーナッツが体に及ぼす影響と健康的な食べ方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ピーナッツは、おいしいため、ついたくさん食べたくなりますよね。食べだすとなかなか後を引いてしまい、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。

でもピーナッツの食べ過ぎは、体によくありません。

今回は、ピーナッツが体に及ぼす影響と健康的な食べ方について紹介していきます。

ピーナッツの食べ過ぎで、本当に鼻血が出るのかという、うわさの真相についても解明します。

ピーナッツは、オレイン酸、リノール酸やビタミンEなど栄養もありさまざまな健康効果もありますが、やはり食べ過ぎるのは、よくありません。

適量を知ることで、おいしいピーナッツを健康的に食べるようにしていきましょう。

 

 

ピーナッツの食べ過ぎが引き起こす腹痛の原因 下痢や便秘にも

ピーナッツは、栄養があり、さまざまな健康効果や、美容効果がありますが、食べ過ぎると、腹痛を引き起こしてしまうから注意が必要です。

ピーナッツが腹痛を引き起こす原因は、食物繊維と脂質が豊富に含まれているためです。

食物繊維や脂質は、消化しにくいので、胃腸に負担がかかってしまいます。

消化が悪く、胃腸に負担がかかるので、腹痛を引き起こしてしまうのです。

また、ピーナッツの薄皮の部分に含まれているタンニンという成分は、腸の働きを低下させてしまうため、便秘や下痢を引き起こしてしまうことがあります。

このためピーナッツを食べるときには、薄皮を食べ過ぎないように注意しましょう。

食べ過ぎに注意すれば、健康や美容によい食べ物なので、おすすめです。

ピーナッツを食べるときには、食べ過ぎに注意して、薄皮を食べる場合は、少し食べる程度にしておきましょう。

 

ピーナッツの食べ過ぎで鼻血?うわさの真相と適量の目安

ピーナッツの食べ過ぎで鼻血が出るという、うわさがありますよね。

ピーナッツを食べ過ぎると鼻血が出やすいというのは、本当なのでしょうか?

実は、ピーナッツを食べると鼻血が出るという科学的根拠は、残念ながらありません。

“ピーナッツと鼻血”は、とくに関係ないただのうわさです。

鼻血は鼻の粘膜や血管が傷つくことにより出るものです。

栄養過多でそんなこともあるかも?と思いがちですが、食べた物の栄養やエネルギーがすぐに症状となって現れることはありません。

その前に消化しなくてはなりませんよね。

このことを考えると食べすぎを防ぐために言われたことが真相のようです。

ではピーナッツは、1日に、どの程度の量を食べるのがよいのでしょうか?

ピーナッツの適量ですが、1日に28gが適量と言われています。粒にして、約20粒です。

20粒だと、おやつやおつまみに食べるのに、ちょうどよい程度です。

このくらいの量であれば、胃腸に負担がかかりすぎないので、腹痛を引き起こしてしまうことも、ほとんどないでしょう。

 

ピーナッツの食べ過ぎについてのまとめ

ピーナッツが体に及ぼす影響や、健康的な食べ方について紹介しました。

ピーナッツは、健康効果や美容効果が期待できる食べ物ですが、やはり、食べ過ぎてしまうと、腹痛や便秘、下痢を引き起こしやすくなります。

ピーナッツを食べるときは、食べ過ぎに注意して適量を食べるようにしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マルチ・ボウル , 2019 All Rights Reserved.