マルチ・ボウル

膝の黒ずみを消す簡単な方法と膝美人のためのケア

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

夏に向けて、肌の露出部分が多くなると、気になるのがむだ毛や肌のコンディション。特に膝や肘の黒ずみです。

黒ずんでいると素足になるのに抵抗があったり、ストッキングを履いても黒ずんでいるところが目立ってしまいます。

黒ずみを消すためにファンデーションやコンシーラーで黒ずみを目立たなくしたりと工夫をしても、どうしても完全には消えず、時間が経つとファンデーションが浮いてきて余計に黒ずみが目立ってしまうこともあります。

しかし、比較的安価で手に入れられる「ニベア」を使って膝の黒ずみを撃退する方法があります。

ニベアは肌ケアとしても良いアイテムなので、ニベアを使って膝の黒ずみを薄くすることができたら肌ケアも同時に行えそうです。

そこで、ニベアを使った膝の黒ずみの悩みの解消方法を紹介するとともに、膝の黒ずみの原因や普段からできる膝の黒ずみ予防方法も知ってください。

 

 

膝の黒ずみ原因と角質落とし

そもそも、黒ずみができてしまう原因とは、何でしょうか。

  • タイトなジーンズやパンツが肌に密着して擦れて摩擦が起きる
  • 床に膝をついたりすることで擦れて乾燥して角質が厚くなる

これらが黒ずみと変化します。

このように膝の黒ずみの主な原因として摩擦、刺激、乾燥が挙げられます。服との摩擦で黒ずみができてしまうなんて、ちょっと意外ですよね。

特にピッタリとしたレギンスやパンツは膝の黒ずみにつながりやすいもので、皮膚と衣類が密着することで摩擦が起きます。

そしてそれが刺激となり、乾燥して色素沈着が起こり膝の黒ずみにつながってしまうのです。

もともと膝は乾燥しやすい部位のひとつで、皮脂腺も少ないので皮脂や汗が殆ど出ず、刺激に弱い部分です。

普段の歩く動作でも衣類との摩擦で黒ずみにつながってしまうほどです。

また、間違ったケアも黒ずみの原因となります。

黒ずみが気になるからと言ってお風呂で膝をゴシゴシ洗ってしまうと皮膚に余計な刺激を与えてしまうため黒ずみを作りやすくします。

膝の黒ずみケアとして専用クリームを使ったり、重曹を膝の黒ずみが気になる部分にパックしてケアしする方法があります。

その中でニベアを使ったケアが黒ずみケアに有効だと言うことで注目されています。

ニベアは保湿クリームなので、乾燥が原因の黒ずみケアとして有効と言えます。

 

ニベアを使った膝の黒ずみケア法と普段の美膝ケア

ニベアを使った膝の黒ずみケア方法はニベアと砂糖を混ぜてスクラブを作って、そのスクラブを黒ずみが気になるところに優しく塗ることです。

ニベアと普通の白砂糖砂糖を1:1の割合でスクラブを作り、膝の黒ずみが気になる部分に塗って優しくマッサージを行うだけで手軽にでき、今すぐにでも取り入れられます。

しかし、強く擦ってしまったり、長時間スクラブでマッサージをすると肌に負担をかてしまいます。

ニベアと砂糖の手作りスクラブでの黒ずみマッサージは週に1回から2回にとどめておくことがポイントです。

マッサージが終わったら、水で洗い流して完了です。

ニベアの保湿成分で黒ずんだところがしっとりしますが、より保湿をしたい場合はニベアを塗ると保湿効果がアップします。

ニベアを塗ることで乾燥して黒ずんでしまったところが保湿され、黒ずみの悪化を防いだりなどケアをサポートする効果が期待できます。

乾燥や摩擦によって厚くなって角質ができて黒ずんでしまったのをケアするには保湿して皮膚を柔らかくしてあげることが重要です。

そのため、保湿クリームのニベアを使うことで保湿ケアになり、皮膚を柔らかくして黒ずみを出来にくくします。

しかし、黒ずみそのものを薄くしたり、綺麗にするというものではなく、ニベアでケアすることで肌が保湿されて黒ずみができにくい状態へと導くことは期待できます。

膝の黒ずみの大きな要因は乾燥なので、保湿クリームであるニベアでケアを続けていくことで肌の乾燥を予防することがメインとなり、肌が保湿され皮膚が柔らかい状態を維持できます。

膝の黒ずみケアとして普段から取り入れたいこととして「乾燥を防ぐ」これが最も重要です。

そして、ピッタリとしたサイズの洋服や下着を避けて衣服と肌との摩擦を減らし、ビタミン類やコラーゲンを積極的に摂り入れて、肌のターンオーバーを改善させることも黒ずみ改善や予防につながります。

 

膝の黒ずみを消す方法のまとめ

膝の黒ずみの原因には普段の洋服にあること、歩くという動作でも黒ずみにつながってしまうことが分かりました。

特にフィットしたサイズのパンツは衣類と皮膚が常に密着した状態のためそのまま歩いたり、膝をついたりすると摩擦が起きます。それが刺激となって皮膚が硬くなると角質ができて、黒ずみにつながってしまいます。

普段の服装は衣類と皮膚が密着するのを防ぐためにゆったりしたサイズを選ぶこと、そして乾燥を防ぐためニベアで保湿を行うことで黒ずみが出来にくくする状態へと導くことが期待できます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マルチ・ボウル , 2018 All Rights Reserved.