マルチ・ボウル

学費・入学金を教育ローンで借りるには国の教育ローンを優先する

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

学校に通うためには、学費などの費用が必要になるので、多くの人が教育ローンを利用しているようです。

特に私立高校の場合、学費は公立高校の3倍にもなり、さらには入学前に一括で大金を支払わなくてはならない「入学金」も結構な負担です。

しかも合格発表があってから納金までの期間が短いため、大きな決断が一気に重なって気持ちの余裕がありません。

 

 

私立高校の入学金・学費はまず国の教育ローンを考える

入学金の支払いに加え学費も4月から通常の支払いが必要になります。

授業料の減免制度は入学した後でしか申請できないためです。

そう考えると3月、4月にはかなりの出費が予想されます。

そのため前もって用意するわけですが最も理想的な形は、入学費や、授業料がいくら必要かを事前に知っておき、コツコツと積み立てておくことです。

それができれば悩まないですが、子供は学校に行きたいと思っているけれども、家計の問題で必要なお金が支払えないという家庭もあります。

 

しかし貯金が無ければ進学できないかと言うと、そうでも無く、国の教育ローンを利用して学資を準備することができます。

教育費をどうやって確保するかは色々なやり方がありますが、その中に国の教育ローンがあります。国の教育ローンは銀行の教育ローンに比べて金利が低いというメリットがあります。

 

入学金にも使える国の教育ローン「日本政策金融公庫』

学費だけでなく入学金にも利用できる教育ローンが『日本政策金融公庫』が行っている教育向けの目的ローンです。

主に親が子供のために学資を借りるタイプものになります。奨学金は本人が借りるタイプですが、教育ローンは親が借りて、返済義務も親です。

 

借入れ可能金額は最高で350万円で、年利は2%程度の固定金利となっています。

この教育ローンは、子供1人の場合、世帯の年収が790万円より低い家庭でなければ、融資は受けられないなどの前提条件が定められています。

前提となる条件が込み入っている部分もありますが、それらの条件さえクリアできれば、審査を通ることは民間の金融会社より容易です。

借入れの条件はそれ程厳しくない傾向にあるので、信用力がやや劣る人でも利用が可能なのが、国の教育ローンを第一に考える理由といえます。

 

詳しくは>>> 日本政策金融公庫の教育ローン

 

教育費を確保するために、国の教育ローンを申し込みたいという場合は、銀行等で申し込めますので、不明点を聞くのもいいでしょう。

金融機関の窓口に行かなくても、直接インターネットからも申込みが出来るので、誰でも簡単に学資の準備をはじめられるようになっています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マルチ・ボウル , 2019 All Rights Reserved.