マルチ・ボウル

大根おろしは1つ何役?毎日食べたい驚きの効果効能と食べ方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

大根といえば、皆さんは、どんな料理を思い浮かべますか?

大根は、応用範囲が多く、おでん・味噌汁・サラダ何でも美味しく、毎日のおかずとして食べてもお酒のおつまみにしても決して飽きがきませんよね。

1本丸ごと買っても、余裕で使えてしまいます。そんな万能野菜、大根なのですが、すりおろして大根おろしにすると大変健康に良い食材となり、その効果や効能は目を見張るものがあります。

大根の持っている栄養素を無駄なく取り入れたいと考えられる方には生のまま食されることをお勧めします。

それは生の大根には、ビタミンCや消化酵素、辛味成分がたっぷり含まれていて、これらは、熱に弱く加熱調理することで失われてしまうからです。

そこで大根おろしの効果を発揮する食べ方とその期待できる効果について見ていきたいと思います。

 

 

食べ過ぎた時の対処に効果的な大根おろしの食べ方

昔から大根おろしは、「医者いらず」といわれて続けてきたほど、大根おろしには、体に良い成分がたっぷりと含まれ、重宝されてきました。

また「食べ過ぎた時には大根おろしがいい」といわれ、それは大根に含まれる消化酵素の効能によるものです。

この消化酵素は大根おろしに含まれる辛味成分の「イソチオシナネート」で、これは元々の大根の栄養成分として含まれているのではありません。

すりおろしたり、細かく切ったりして細胞が壊れることで、イソチオシナネートという成分が生まれます。

そのため大根の消化酵素の効果は大根おろしとして調理をすることで得られます。

それは、イソチオシネートは熱に弱く、火を通すと大根の効能を得ることが出来ないからです。

特に大根の先の部分や皮にイソチオシナネートとなる成分がたっぷりと含まれています。

健康体を目指す方や体質改善、または美容効果もという方には、是非、大根の先の部分を皮ごと大根おろしにすると効果アップが見込めるのでお勧めです。

特に生の大根には、白米などに含まれるデンプンを分解する酵素「アミラーゼ」、タンパク質を分解する酵素「プロテアーゼ」、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」など3種類の酵素があり胃腸を整える役割を果たしてくれます。

脂っこい食事に大根おろしを付け添えるだけで消化吸収をうながし、胃腸の負担を軽くしてくれるので、食べ過ぎた時には効果を発揮してくれるでしょう。

大根おろしには、胃や腸の働きを整え、胃もたれ・胸焼けといった症状を緩和する効果もあります。

 

女性にうれしい大根おろしとヨーグルトの強力タッグで快適腸活を実践しよう

今、話題になっている大根おろしとヨーグルトの組み合わせでできた「大根おろしヨーグルト」。

一体どんな味がするのだろう?とまず思いますよね。それが、意外といける味と評判です。

大根おろしの辛みをヨーグルトがマイルドに緩和させてくれ、食感は、フルーツヨーグルトに近いまろやかさです。

大根おろしヨーグルトを食べると、どんな効果があるのでしょうか?秘密を探っていきましょう。

まず第1に、相乗効果で腸内環境を整えて便秘を解消させる効果があります。

その秘密にヨーグルトの成分「乳酸菌」が腸内環境を整えてくれます。そして大根おろしは、腸内の善玉菌を増やす役目を果たしてくれます。

この2つの成分が相乗効果を発揮して腸内にたまった便を体外に排出する手助けをしてくれます。

第2に大根おろしヨーグルトに使用されている大根おろしには、胃腸機能を活発にして「むくみ腸」という腸のむくみを改善するする効果が期待されています。

むくみ腸になると代謝が落ちて太りやすくなり便秘にもつながり、悪循環にとなるので、改善策として大根おろしヨーグルトをお勧めします。

またダイエット効果にもなり、痩せやすい体質になるといわれています。

 

大根おろしの効果と食べ方のまとめ

まさに大根おろしは、体の救世主ですね。これだけの効果や効能があるのならば、毎日、習慣づけて食べ続ければ「医者いらず」の快適な生活が送れることが大いに期待できます。

ヨーグルトと合わせて食べるとさらに、相乗効果も発揮でき万能薬ですね。もう便秘とはさようなら!です。

ダイエット効果もあると聞けば大根おろしは、女性にもうれしい食材ですね。

今からでも快適腸活を始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マルチ・ボウル , 2019 All Rights Reserved.