香港の味が東京で!華記茶餐廳@飯田橋・市ヶ谷

香港でよく食べる雲呑麺や皮蛋痩肉粥、奶茶などが東京でも食べられると聞いて、早速行ってきました「華記茶餐廳」。

 

場所は、市ヶ谷駅と飯田橋駅のちょうど真ん中位で大通りに面しています。

今回は市ヶ谷の方から行きました。地下鉄だとA5出口が一番近い。

 

 

店内に入ると、おしゃれなカフェといった佇まいでした。

少しこじんまりしていますが、中2階というかロフトという感じの席もあり、20人くらいは入れそうな大きさです。

 

 

 

店内では香港のカラオケボックスにありそうなPVが流れるテレビがあったり、香港のグッズなども並べられていて、さながら、香港でふらりと立ち寄った街中のカフェみたいです。

 

さて、早速、メニューを。

 

今回の目的のひとつ、香港で食べた雲呑麺を注文します。「香港 雲呑麺 850円」さすが、店舗内の人気ランキング一位みたいですね。

 

麺が細くてこしがある、この麺、好きなんですよねー。そして、エビワンタンはプリップリです。

 

もうひとつの目的は、「腸粉」。日本ではあまり出しているお店がないので、迷わず注文します。

牛肉、豚肉、エビの3種類がありますが、今回は豚肉にしました。

f:id:camusneco:20170723224731p:plain

 

 

よく食べる腸粉と比べると、少し厚めでもちもち感がつよいかな?という印象です。も少し薄くて、ちゅるちゅるした食感の方が好みなのですが、これはこれでいいかな。

肉厚な分、ボリューミーで、お腹いっぱいになります。

 

せっかく来たので、もう1品だけ「乾炒牛河」を注文することにしました。

牛肉とフォーの炒め麺ですね。

これも香港で食べるのとおんなじ味。

 

店内は我々以外にも、香港好きな方や、香港人、インドネシア人など多彩な人種であふれていました。店員の方も、日本語はそれほど上手ではないものの、丁寧な接客で、ほのぼのとしたいいお店だなーと感じました。

 

頑張ってください。「華記茶餐廳」。また近いうちに行きます!

渋谷にも店舗があるということなので、そちらも行ってみたいですね。