W杯決勝トーナメントの予想と決め方 日本対ポーランド戦の放送は6月28日

決勝トーナメントへの出場が危ぶまれていたアルゼンチンは土壇場で力を発揮し、見事グループリーグ2位通過で決勝トーナメントへ駒をすすめました。複雑を極めたグループB(スペイン、ポルトガル、イラン、モロッコ)はスペイン、ポルトガルの順位は最終リーグ戦で共に引き分けでしたが、得点の多いスペインが1位通過。

f:id:camusneco:20180627132359j:plain

言われればそうか、とわかるけど、基本は「決勝トーナメント進出は各グループリーグの上位2チーム」と決まっています。で、順位は何か関係あるのか?とか“得失点”“勝ち点”とか言われても試合だけ楽しんでいる素人はよくわからない、、。
でもアルゼンチンの見事な復活劇をみると「なんで?」と思ったはず。

ワールドカップ決勝トーナメントの決め方を簡単に知る

リーグ戦の表には必ずその試合の得点だけでなく勝点、失点、得失点が表示されています。この点数を元に勝ち負け、順位が決まってきます。これがトーナメント戦と違うところです。

★知っておきたい“点”のつき方

勝ち点:試合結果で「勝ち=3点、引き分け1点、負け0点」で加算されるポイント。
得点:自分側の入れたゴールの数。
失点:対戦相手の入れたゴールの数。
いちばん優先されるのは「勝ち点」で、いちばん高いチームが上位になります。しかし同グループ内で勝ち点が同じの場合は、他の点を元に優劣をつけます。その決め方は、

1.得失点数差(得点-失点の差)
2.総得点
もしそれでも決まらなかったら
3.両チームが対戦したリーグ戦での勝ち点
4.両チームが対戦したリーグ戦での得失点差
5.両チームが対戦したリーグ戦での総得点

それでもだめなら、
6.警告や退場の「フェアプレーポイント」
最終的には、
7.FIFA組織委員会によるくじ引き(これまで過去にない)

複雑だった今回のグループBを例にとると、

f:id:camusneco:20180627130535j:plain

                              (JFA.jpより

スペイン、ポルトガルの勝ち点は同じ「5点」→  ①得失点差の同じく「+1点」→ ②総得点スペイン「6点」、ポルトガル「5点」となっているのでスペインが1位となります。

日本、グループHの決勝トーナメントの予想は?

現在のところ日本とセネガルが並んでいる状況です。この中で決勝トーナメント進出できる条件と予測を対戦表からみてみると、

f:id:camusneco:20180627130912j:plain

それぞれが決勝トーナメントに進む条件は、

・日本とセネガルは第3戦で勝てば決勝Tにいける
・コロンビアはセネガルに勝てば決勝Tにいける
・日本がポーランドに負ければ、セネガル対コロンビアの試合結果による
 →セネガル勝ち=日本決勝T行き
 →セネガル負け=日本とセネガルの得失点差
 →セネガルとコロンビア引き分け=日本敗退

ちなみに、第3戦のそれぞれの対戦は6月28日、同時刻です。(まじかよ、、)
グループH 第3戦 試合放送(日本時間)
日本 対 ポーランド 6月28日(木)23時~ フジテレビ系
セネガル 対 コロンビア 6月28日(木)23時~ NHK

 日本はもちろん、どこを応援すればいいのか悩む~。