ワールドカップ敗退後、イニエスタ、本田も代表引退。ロナウド、メッシはノーコメント

ワールドカップ2018の決勝トーナメントでロシアにPKで敗れたスペインは、優勝へのきっぷを手にすることはできませんでした。そのスペイン代表のMFイニエスタスペイン代表の引退を発表しました。年齢が34歳と、2010年の南アフリカ大会での優勝に大きく貢献した後は今回がラストのワールドカップになることをすでに考えてようです。(2014年はグループリーグ敗退)

f:id:camusneco:20180702160200j:plain

そのスペイン代表のレジェンド、イニエスタは2018年7月1日付で日本のJリーグ ヴィセル神戸への移籍が決まっています。

今週のお題「2018年上半期」

今大会のスペイン代表の敗退を受けて、優勝に近いと目されていたアルゼンチン、スター選手ロナウド有するポルトガルも今季ワールドカップが終了しています。これまでスターと呼ばれ代表チームをけん引してきたメッシ(31)ロナウド(33)もすでに30代で今後の代表選手への進退に関心が集まります。

www.multi-bowl.com

スペイン代表イニエスタに続くか?ピケ、シルバの進退

今回のワールドカップ スペイン代表の平均年齢は32カ国中11位(28.5歳)と比較的高い方になっています。アルゼンチンはもっと高く4位(29.3歳)、ポルトガルは12位(28.4歳)です。日本も同じくらい、10位(28.6歳)で「おっさんジャパン」なんて呼ばれてましたよね。

スペイン代表に対しては若返りを求める声は多く、イニエスタの代表引退を契機に一気にその傾向に拍車がかかりそうです。すでにピケは代表を去ることを発言していたと報道され、年齢でいえばシルバも32歳と次期ワールドカップは厳しいとの見方も出ています。ピケはかろうじて31歳、メッシと同じなのでやれなくもない。

試合は90分の持久走をやっているようなものだし、その上で相手の攻撃に対抗し、自分達の守備、や攻撃もしなくてはならないことを考えると体力勝負な部分もうなずけますよね。疲れて動けなかった、判断が鈍ったなんて言い訳もできませんからね。

メッシ、ロナウド、イニエスタの敗退でワールドカップ後の世代交代が加速するか?

これまでスター選手といわれ名実ともにサッカー界やチームをけん引してきた選手も今大会では決定打となるような活躍ができず大会を去ることになりました。逆にフランスのキリアン・ムバペを始めとする若手の活躍が目立っています。

今大会において決勝トーナメントに残ったチームの主な30代の選手は、

イニエスタ 34歳(スペイン)代表引退
マスチェラーノ 34歳(アルゼンチン)代表引退
ロナウド 33歳(ポルトガル)
メッシ 31歳(アルゼンチン)
長谷部 34歳(日本)代表引退
フェルナンジーニョ 33歳(ブラジル)
シウバ 33歳(ブラジル)
ラモス 32歳(スペイン)
シルバ 32歳(スペイン)
岡崎 32歳(日本)
本田 32歳(日本)代表引退宣言

ちなみにブラジルも日本と同じ28.6歳が平均年齢です。そんなおじさんでも試合で頑張る姿素晴らしかった、ありがとう!

www.multi-bowl.com