世界大学ランキングでみる日本の大学、世界の大学の教育重視度

3月30日のイギリスのタイムズ・ハイヤー・エデュケーション=THEが日本の企業と共同で調査した「THE世界大学ランキング2017日本版」が発表されました。意外にもこの日本版は初の試みだったようです。

ちなみに世界大学ランキングは毎年複数の会社で調査されたものが出てきます。だいたい海外の新学期が始まる9月くらいから出そろうようになっています。
ランキング好きの日本人としては気になるところですよね。
世界の評価基準とは若干違いますが、なるほど納得できる内容です。

世界大学ランキングと日本の大学の比較

世界大学ランキングは有名なところではイギリスの高等教育専門週刊紙Tims Higher Education(THE)のWorld University Rankingとイギリスの大学評価機関Quacquarelli Symonds社(QS)のランキングがあります。この2社はもともと共同でランキングを行っていましたが評価基準の違いで2010から別々に発表しています。でもほぼ同じランキングです。

f:id:camusneco:20170331214801j:plain

THE世界大学ランキング(日本版)/ THE世界大学ランキング 2016-2017

1位 東京大学           マサチューセッツ工科大学(MIT) USA
2位 東北大学           スタンフォード大学 USA    
3位 京都大学           ハーバード大学 USA
4位 名古屋大学          ケンブリッジ大学 UK
5位 東京工業大学         カリフォルニア工科大学 USA
6位 大阪大学           オックスフォード大学 UK
7位 九州大学           ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)
8位 北海道大学          スイス連邦工科大学チューリッヒ校 スイス
9位 筑波大学           インペリアル・カレッジ・ロンドン UK
10位 早稲田大学           シカゴ大学 USA
11位 慶應義塾大学           プリンストン大学 USA
12位 広島大学             シンガポール国立大学 シンガポール
13位 神戸大学                                       南洋理工大学 シンガポール
14位 一橋大学           スイス連邦工科大学ローザンヌ校 スイス
15位 国際基督教大学        イェール大学 USA
16位 千葉大学           コーネル大学 USA
17位 長岡技術科学大学       ジョンズ・ホプキンス大学 USA
18位 上智大学           ペンシルベニア大学 USA
19位 金沢大学           エディンバラ大学 UK
20位 国際教養大学         コロンビア大学 USA

www.timeshighereducation.com

評価基準で変わる世界大学ランキング

世界レベルでみると日本の東京大学は34位、京都大学が37位となかなか健闘しています。上位はアメリカの大学がほぼ独占していますね。
評価方法によってもランキングは変わってきますので一概に正しいとはいえませんが、改善を促すきっかけにはなりそうです。

日本版では学部教育に注目し、大学の「教育力」を重視する評価となっています。教育リソースが38%、教育満足度が26%、教育成果が20%、国際性が16%となっています。学びの質や成長性に重点を置く評価です。

THEの評価基準は教育30%、研究30%、論文被引用数30%、国際性7.5%、企業からの収入2.5%となっています。論文被引用数が結構なウエイトを占めているのが日本の大学には不利なのかしら。。

しかも工学や科学が有名な大学が上位にくる傾向が見られるのは、それだけ評価されやすい研究が多いのかな。

そういえば数年前に日本の大学の人文学部再編、縮小が言われていましたが、どうなったのだろう。学問にランク付けをするのもどうかと思いますが、それがよりよい教育を受けるきっかけになればなによりですね。