再び注目を浴びるクラウドマイニング投資先のおすすめと利益を早く増やす方法

ハード・フォークの懸念が遠のいたのか、ビットコインの価格は再び30万円台を行ったり来たりしています。

それにつられて、ほかのアルトコインの価格も上向いているようですね。

今回のビットコインのフォークの問題は、仮想通貨の運用の懸念を浮き彫りにすると同時に、中央集権でないコミュニティの強さも示されたのではないかと思います。

 

世界が初めて経験する「仮想的な通貨の運営」というシナリオのため、今後も、何度か解決しなくてはならない問題につきあたることは当たり前だと思いますが、なんとか「危機を乗り越えて、そのたびに強くなる」という前向きな想定を思わせる出来事でしたよね。

 

 

さて、話をクラウドマイニングに戻しましょう。

クラウドマイニングとは、各マイニング会社が投資したコイン採掘のための設備のパワーをハッシュレートという形で購入すれば、購入したパワーに応じて、採掘で得られたコインが利益として得られるというものです。

 

そして今、クラウドマイニングは利益を出しやすい状況にあります。

 

なぜ今クラウドマイニング投資するのか

 

その理由は

・ビットコインの価格が安定して高い

最近のビットコインの価格は30万くらいで、数週間前に暴落した時も20万円くらいでした。ビットコインの価格が1万円を切らなければ、メンテナンス費が採掘されたビットコインの価格を圧迫することはないと踏んでいるため、契約していれば当分の間は利益が出ると思っています。

 

・ビットコインのマイニング(採掘)は「Lifetime」(無期限)が多い

会社にもよりますが、下記で上げた会社のビットコインの採掘はLifetimeという契約になっています。

これは、無期限ということで、簡単に言えば、メンテナンス費を差し引いても利益が出る状態であれば、会社が存続する限り、契約が続き、採掘されたビットコインが得られるということです。

 

クラウドマイニングの利益は、毎日、採掘の結果として少しずつ払い出されます。そのため、一気に儲けたい!という人には向かないですが、待っていれば増えていくのがいいと思います。

また、毎日払い出しが行われ、一年で投資額の2~3倍の収益予想ができます。しかも、その払い出しがずっと続くので、元本回収以降はまるまる利益となるというわけです。

 

そのため、クラウドマイニングに投資するには、マイニング会社選びが最重要だと思っています。

クラウドマイニング会社にもいろいろあり、中には設備投資をしていない詐欺のところもありますし、実際に投資はしているものの、マイナー(採掘用の機材)製造会社との提携がないために利益が出にくい体質の会社もあります。

 

私がクラウドマイニングの会社を選ぶときに重視していること

そのため、管理人がクラウドマイニングの会社を選ぶ基準は以下の通りです。

 

・実際に設備を持っている

これは、最重要項目です。設備がないところに投資したら、お金は戻ってきません。まぁ、実際に現地を見れるわけではないので、設備の写真がサイトに掲載されていたとしても信用するしかないですが、載せていないところも多いので、掲載されていることは最低条件です。

 

マイナー製造会社との提携がある

採掘はマイナーとよばれる機械を用いて行うため、この機械の性能がマイニングの利益を左右します。

この機械の製造元と提携があるクラウドマイニング会社は、それだけ効率の良い機械を安く仕入れられるので、利益も出やすい体質のマイニング会社だと言えます。

 

・業界大手であること

クラウドマイニングは設備にお金もかかるので、大きいところの方が安心できます。また、大手は投資しているお客も多いので、いろんな人が吟味した結果、投資しているんだろうという目論見もあります。下記で上げているマイニング会社は、いずれも大手で長く運営しているので、今後も継続してくれると思っています。

 

 私の選定基準は主に上記の3つですが、その基準を満たしていると思う、管理人が実際に投資しているクラウドマイニング企業をご紹介します。

3つの契約にしているのは、ひとつのマイニング会社が、ハッカーのアタックや予期せぬ出来事で払い出しを続けられなくなるリスクを分散したほうが良いと考えているからです。

 

 

おすすめのクラウドマイニング契約

Hashflare

クラウドマイニング企業としては、おそらく下記のGenesisMiningに次いで業界2位ですが、払い出しを受けたコインを自動で再投資する設定ができるので、投資額回収までの日数が短くなり、コインがたまるのが早いのが魅力です。

セキュリティもしっかりしており、クラウドマイニング業界の中では比較的信頼性も高いと思います。

ビットコイン(SHA-256)のみならず、イーサリアム(ETHASH)、ダッシュ(X11)、Zcash(EQUIHASH)の採掘ができる契約もあります。

 

2017/09/01の契約から、Bitcoin契約はlifetimeではなく、一年契約になってしまいました。。下のGenesisMiningもBitcoin契約は現在10月末からマイニング開始のプレセールス中です。下の「Hashing24」は、現在もすぐに契約可能です。

 

>>Hashflare公式サイト

HashFlare

 

 

GenesisMining

業界最大手で、設立当初からセキュリティに関しては一番重要視していると公言しています。先日、ハッカーから攻撃を受けましたが、見事阻止したため、その信頼性がUpしました。

そのため、私はリスク分散先の一つとしてGenesisMiningを組み入れています。

老舗で大手なので、ビットコイン以外にも、Litecoin、Dash、イーサリアム、Zcashなどのアルトコインも採掘できます。Moneroが採掘できるのはユニークですね。

 

BitCoinのマイニングは今、大人気で、契約数に設備が追い付かず、売り切れになっていることが多く、Genesis-Miningは10月末開始のマイニング設備をようやく用意できたようで、現在プレセールス中です。すぐに埋まってしまうと思うので、今のうちに契約して確保するのもありかな。下のHashing24はいち早く設備を用意して再開しています。さすがにBitFuryを親会社にもつHashing24ですね。

 

契約時にプロモコード「viVnr6」を使えば、3%割引になります。

>>GenesisMining公式サイト

f:id:camusneco:20170729120106p:plain

 

 

 Hashing24

業界大手は上記2つですが、もう一つ、分散先として追加投資しているのがHashing24です。その理由は、世界有数のマイニングプールであるBitfuryと提携しているからです。

Bitfuryは同時にブロックチェーンの技術力も世界屈指であるため、仮想通貨業界やビットコインに何か大きな出来事があったときに、業界全体の流れに追随しやすいのではないかという私的な目論見もあります。

 

>>Hashing24公式サイト

 

 

 

 

利益を早く増やすには?

 契約してから、すぐに始まる払い出しを毎日受け続けるのもいいですが、たまったコインでさらにハッシュレートを積み増し購入していくと、受け取るコインが少しずつ増えていきます。

Hashflareでは、自動で再投資する設定もできますが、ほかの会社でも、受け取ったコインで自分でハッシュレートを購入すれば同じ効果が得られます。

 

 

さらに、管理人が現在、月々10万以上利益を得ている暗号通貨への投資方法をここにまとめていますので、よかったら参考に。夢のある話だと思います。

暗号通貨で月10万以上稼いでいる管理人の投資ポートフォリオ | 暗号通貨 投資道