日本の新宿で味わう本格台湾の味“麺線”にいやされる

職場近くの気になるお店に行きました。西新宿にある『台湾佐記麺線&台湾バル888』というお店。普段は通らない側の道に看板が出ているのを発見して「おっ!」と気にかけていたお店です。
昼は弁当派なので食べに行くことはめったにないのですが、テイクアウトもできてお値段もお手頃な誘惑に誘われて、普段食べることのない台湾の“麺線”をいただきました。

麺線は台湾ではポピュラーな食べ物で、朝や夜食などいつでも食べられる屋台も多くまさに日常食です。

東京で本格台湾の『麺線』が食べられる!

こちらの麺線もとろみのあるスープに短いそうめんのような麺が煮込んであります。日本のそうめんのように白いわけではなく、スープに入っても伸びるわけでもない独特の麺です。イメージとしてはベビースターを細くまっすぐにしたような麺。

f:id:camusneco:20170317231351j:plain

スープはカツオ出汁がベースで台湾独特の香辛料(八角と他何か)が混ざってあっさりだけど一味違う味で、麺とよく合っていました。トッピングは香菜(パクチー)、あさりのむき身、干しエビ、鶏むね肉、モツに唐辛子。テイクアウトだったのでカップに入れてもらったのですが、蓋を開けた瞬間、台湾の町中でよくかぐ香りがフワッと漂って食欲をそそります。「あーこの香り台湾だ。」と思いながらよくかき混ぜていただきました。おいしい!

レギュラーで少ないかなと思ったので一緒におにぎり(くるくるおにぎり)も購入。食べやすいように棒状になっていて、中に炒めた高菜とひき肉のが入っているこれまたうまし!な1品です。

f:id:camusneco:20170317231452j:plain

お店はこじんまりとしてカウンター席のみで落ち着きがあり、夜はお店の名前にもあるようにバルになるようです。お昼のメニューはテイクアウトは麺線とおにぎりのみで、イートインだとサラダもあったかな。夜メニューは台湾の定番フードが食べられるようで今度は夜にも行ってみたくなりました。
帰り際に「お気をつけて!」と声を掛けてもらい、また行きたくなるお店です。

f:id:camusneco:20170318001957j:plain

お店情報

お店 台湾佐記麺線&台湾バル888

https://ja-jp.facebook.com/sakimensen888/

www.instagram.com

住所 東京都新宿区西新宿7-12-12 サギヤビル101

営業時間 昼11:30~13:30 月水金のみ
     夜18:00~23:00 月~土

定休日 日曜日、祝日

テイクアウト 麺線レギュラー:500円
       くるくるおにぎり:180円

(お店の地図)