読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Instagramでお目当ての写真を簡単に検索して見つける方法

Instagramで自分のお目当ての写真や画像を見つけるのって、意外に難しいですよね。

ブログで紹介するおいしいお店や話題の商品をInstagramで見つけようと思っても、Instagramの検索機能では、なかなか思った写真を見つけることができません。

 

そもそも写真にはテキストデータを埋め込むことができないので、例えば、「犬」の写真を見つけようと思っても、何に対して検索を書ければいいのか分かりにくく、難しいというのは素人の私にもわかります。

 

もともと、Instagramでは写真に「ハッシュタグ」を付ける文化があります。

この写真は「犬」の写真だよーということをほかのユーザにお知らせするために写真に「#犬」というハッシュタグをつけて投稿するわけですね。

たくさんハッシュタグが付いた投稿を見たことがありますか?あれは、ほかの人がその写真を見つけやすいように配慮してくれているとも言えます。

 

ただ、Instagramの検索機能で「犬」を検索してみると、以下のようになります。

「#犬」というハッシュタグと、「犬」という文字を含んだユーザ名が検索結果に表示されるのです。

下の方にいくと、いくつか「犬」という文字で始まるハッシュタグが出てきますが、ユーザのプロフィールに「犬」という文字を含む結果が上位に表示されるので、なかなか思い通りに検索できません。

 

f:id:camusneco:20170326230911p:plain

 

それに、すべての人がハッシュタグをつけて投稿するわけではありませんから、そういった投稿は検索結果に表示されないことになります。

 

そこで、私がInstagramでお目当ての画像を検索するときに使っているテクニックをご紹介します。

この方法だと、ハッシュタグの一部に「犬」という文字を含む投稿や、タグをつけていなくても、投稿のコメントに「犬」とう文字があれば、Hitします。

 

Instagramの写真を検索する時に、私が良く使うやり方

それは、Googleで検索するんです。Instagramの画像をGoogleで?と思われる方もいるかもしれませんが、GoogleでInstagramの画像を検索すると、結構、柔軟な検索ができて、自分が見たい画像を見つけやすいんです。

 

どうやるかというと、Googleには、検索の指定で「site:」というオプションがあります。検索対象を「site:」以下に絞るというものです。

 

これを使うと、検索対象をInstagramの投稿に絞ることができます。

つまり、「site:https://www.instagram.com」と入力すれば、Instagramの投稿を検索することができることになります。

さらに、「犬」というキーワードでInstagramを検索したければ、「site:https://www.instagram.com」と検索窓に入力します。

 

そう入力した検索の結果は、

 

f:id:camusneco:20170326230954p:plain

という風になります。「犬」という文字が含まれたタグがたくさん検索対象になっていることが分かりますね。

 

「#犬バカ部」なんて、犬好きな人の集まりでしょうから、犬の写真がたくさん投稿されていることが予想できます。

また、ハッシュタグをつけて投稿する人ばかりではありませんが、そんな場合でも、コメントはつけて投稿することは多いと思います。

この検索方法を使うと、投稿に添えたコメントも検索対象になりますので、さらに多くの「犬」に関係する写真を見つけることができます。

 

今回は犬というメジャーなワードを例にしましたが、この方法を使えば、ワードがマイナーであればあるほど、効果を発揮します。

 

お目当てのお店の料理の写真を見つけたい時などに「店名」を付けて検索すれば、ずらーっと検索結果が表示されますよ。

ぜひ、試してみてください。