読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドマイニングで仮想通貨(ビットコイン)に複利投資!HashFlareでの登録・購入方法と注意点

仮想通貨を入手したり、増やしたりするにはいくつか方法があります。主なものを上げると、

  • 取引所で購入する
  • 自分のPCでマイニング(採掘)する
  • クラウドマイニングに投資する

などがありますが、今回はクラウドマイニングに少額を投資してみることにしました。

 

クラウドマイニングって何なの?あやしくないの?

仮想通貨は、自宅のPCで計算することで「採掘」という行為が行え、仮想通貨を増やすことができますが、それをクラウド上(離れたところ)で行うのがクラウドマイニングです。

 

自宅でMiningGateを使って採掘してみた記事にも書いたように、自宅でマイニングするためには、PCを常に動かす「電気代」が必要です。

 

www.multi-bowl.com

日本のように電気代が高い国だと、せっかく掘り続けても、収支はトントンかマイナスといったことになりかねません。

 

しかし、中国や東欧などには電気代が安い国があります。また、稼働時の発熱もばかにできず、PCがすぐに熱くなってしまうので、ロシアなど寒い国で採掘したほうが効率がいいわけです。

そこに目を付けた投資会社や技術会社が寒くて電気代の安い国に大きなデータセンターを作って、そこでせっせと採掘作業をしています

彼らは、より多くの設備投資をするために、投資を募って、それによって補強したスーパーコンピュータ並みのパソコンを購入し、採掘によって得られた仮想通貨を分配しているというわけです。

 

もちろん、そんなデータセンターがほんとに建てられているかは現地に行ってみないとわからないので、中には、払い出しに応じず、いつの間にかサイト閉鎖して逃げる、いわゆる仮想通貨投資詐欺の輩も数多くいます。

怪しいか怪しくないかでいうと、「怪しいところもたくさんある」といったところでしょう。

 

それでも、仮想通貨のクラウドマイニングには「毎日少しずつ仮想通貨が分配される」「採掘してたまった仮想通貨が将来的に価値が上がる可能性がある」という大きな魅力があります。

 

そのため、実際にクラウドマイニングに投資する場合には、

  • 親会社やグループ会社がある場合、資本がしっかりしているか
  • どれくらい長く運営されている会社なのか
  • 実際に払い出しが行われた実績があるか
  • 投資の配分があまりに良すぎないか

といったことを判断の基準にするのが良いのではないかと考えています。

 

どのクラウドマイニング会社を選ぶか

比較的老舗で、長く運営されており、未払いなどのうわさをあまり聞かないのが、「Genesis Mining」と「HashFlare」です。

Genesis Miningは豊富な投資オプションが魅力ですが、今回は技術者集団といった堅実な印象のある「HashFlare」に少額投資してみることにしました。

 

方針としては、

  • まず、HashFlareが信頼できるか、なるべく調べてみる。
  • 少額で投資してみる。
  • 引き出し可能金額になったら引き出しできることを確認してみる。
  • 引き出しまでOKであれば、元本を引き出し、利益のみで複利運用する。

とすることで、クラウドマイニングのリスクを最小限に抑えつつ、将来的なリターンも狙っていきたいと思います。

 

HashFlareで投資してみたい方はこちらから>>

 

Hashflareという会社は信頼できるか

まず、Hashflareという会社について調べてみました。この会社は、HashCoinsという会社の仮想通貨採掘部門を担っているようです。

HashCoinsという会社は、暗号(仮想)通貨の採掘用ハードウェアを研究して作成したり、ビットコインのブロックチェーンを利用して、いろいろなサービス、ソリューションを提供している会社のようで、技術的にもしっかりしている印象を受けます。

また、その採掘部門のHashflareは世界50万人以上の人が契約しているクラウドマイニングサービスだと公式サイトに記載されていました。

それだけ多くの人が投資しているので、問題があれば大きな騒ぎになりますが、あまり聞かないところをみると、運営もしっかりしているという印象を受けました。

(※あくまでも私個人の印象なので、判断はみなさん個人個人にお任せいたします。)

f:id:camusneco:20170513230000p:plain

 

HashFlareの、クラウドマイニング会社としての特徴

次に、「HashFlare」という会社をクラウドマイニング会社として見てみます。

これは、投資の判断にしたというよりは、実際に契約して、一定期間運用してみて気づいたことになります。

これから契約してみようと思っている人の参考になれば。

 

f:id:camusneco:20170513230014p:plain

私がHashFlareを使ってみていいなと感じたのは以下の点です。

 

「無期限の契約」がある。

マイニングには、採掘(計算)の方式によっていくつか種類がありますが、2017年5月時点、以下の2つの契約は「無期限の契約」になっています。これは、最初に契約料金を払えば、いつまでもビットコインが採掘され続けるということなので、ずっと毎月少しづつ仮想通貨が増え続けます。

さすがに100年後までは保証できないとは思いますが、それでも、現実的な期間の間はそれが続くのは魅力だと思いました。

f:id:camusneco:20170513230029p:plain

 

「再投資設定」がある

HashFlareのユニークな機能として、再投資機能というのがあります。これは、採掘された仮想通貨の金額が最小の契約単位以上になったら、自動でマイナーを購入して、さらに採掘の量を増やせるという設定です。

投資の世界では、「複利」を駆使することでリターンの金額を雪だるま式に増やすことも可能ですが、これを自動でやってくれるので、最初に投資すれば、あとは待っていれば徐々に複利の効果が大きくなっていきます。

 

セキュリティがしっかりしている

これは、お金を扱うサイトでは必須だと思いますが、セキュリティがしっかりしている印象を受けます。

まず、ログインにはGoogleのrecaptchaを使用していますし、さらに、ログイン後、スマホで発行されるコードを入れる、2段階認証にも対応しています。

多くの詐欺サイトでは、セキュリティ対策にかける費用が少ないため、あぶないなという印象を受けることもありますが、HashFlareは、結構しっかりしている認証を受けました。

また、採掘された金額のうち、わずかなお金がメンテナンス料金として徴収されますが、おおくのクラウドマイニング会社がその割合をあいまいにしているのとは対照的に、HashFlareは、すべてを公開してくれているのもいいですね。

 

元本回収までにかかる期間は約半年

私が契約した時点では、元本回収までにかかる期間は約半年でした。

半年後に投資した金額と採掘される仮想通貨の量が同じになるので、それ以降は、純粋な利益だということになります。

他のあやしい投資話のように、数日で数倍とかいう利回りではないですが、堅実ですし、私のようなゆっくりこつこつ投資したいタイプの人間にはあっているんじゃないかなと思います。

 

HashFlareの登録ページ>>

 

実際に契約して、採掘を始めるまでの手順

では、契約までの手順をご紹介します。

 

ユーザ登録

といっても、ユーザ登録はすごく簡単です。

下記のフォームにメアドとパスワード、自分の国と誕生日を入力するだけでした。

これで、登録したメアドに確認のメールが届きますので、そこに記載されているURLをクリックすると、登録完了です。

サイトは日本語でも表示されますので、安心でした。

f:id:camusneco:20170513231208p:plain

ユーザ登録が終わったら、以下のような画面が表示されると思います。

f:id:camusneco:20170513232419p:plain

 

ハッシュレート(採掘の契約)を購入する

それでは早速、採掘したもらうための契約を購入しましょう。上記の画面の左側、「ハッシュレートを買う」から購入します。

f:id:camusneco:20170513232626p:plain

ハッシュレートには種類がありますが、ビットコインが採掘されるのは、上の2つ、「SHA-256」と「Scrypt」です。どちらも無期限の契約ですが、採掘のアルゴリズムが異なるため、若干リターンのパフォーマンスも異なります。

私は両方を試してみましたが、初めての方は「SHA-256」でもいいかもしれません。まぁ、お好きなほうで良いと思います。

 

f:id:camusneco:20170513233237p:plain

「SHA-256」を例にすると、上記の図のように、スライドで購入するハッシュレートを決めます。ハッシュレートとは、採掘用のマシンパワーの単位です。これが大きいと、採掘される仮想通貨の量も大きくなります。

当然のことながら、これが大きくなると購入金額も上がります。

購入金額が決まれば、「処理済み」とかかれたボタンを押して先に進みます。日本語が少し変なのはご愛敬。

 

f:id:camusneco:20170513233827p:plain

 

 次のページに行ったら、購入金額の確認画面になりますので、確認して、Okなら、支払い方法の選択に行きます。

支払い方法は、以下のように、ビットコインのほか、クレジットカード、WebMoney、Payeerなどが利用できます。

ビットコインをすでに持っている人は、それで支払ってもいいです。私は、まとまったビットコインを持っていなかったのと、海外なのでクレジットカードはあまり使いたくないという理由から、Payeerで決済しました。

 

f:id:camusneco:20170513234118p:plain

(今回、これ用にPayeerも登録しました。今後使うこともありそうですし。登録や決済方法は下記の記事をご参考に。)

 

www.multi-bowl.com

 

 

以上で、HashFlareでの投資が完了です。あとは、仮想通貨が毎日たまっていくのを楽しみにしておきましょう。

 

そうそう、一通りの手順はこれでOkだと思いますが、複利の設定と、セキュリティの設定、実際に払い出しを受け取るための財布も登録しておく必要がありますが、具体的な手順は少し長くなったので、後半の記事で解説しようと思います。

 

 HashFlareに興味ある人はこちら>>

HashFlare

 

後半の記事はこちら>>

www.multi-bowl.com