No1.クラウドマイニング企業、GenesinMiningのコイン払い出し停止騒動の経緯と対応についてのまとめ

クラウドマイニングは、玉石混交の世界で、きちんとした運営をしている会社と詐欺(Scam)まがいの会社があります。そのため、クラウドマイニングに投資する場合には、利益率よりも投資先の会社選びが非常に重要になってきます。

 

そんな中で2017年7月現在、最大の投資顧客数を持っているといわれ、名実ともにNo1のクラウドマイニング企業といわれている、GenesinMining社。

 

私自身も投資していて、かなり信頼を置いていました。

クラウドマイニングは、ハッシュパワーと呼ばれる採掘用のパワーを購入し、その額に応じて毎日払い出しがあるため、毎日払い出しのダッシュボードを見るのが楽しみの一つだったのですが。。

 

そんなGenesisMiningですが、2017年7月20日の払い出し(Payout)が行われてから、しばらくPayoutが停止していました。

時差と集計の関係で、通常、2日あとにPayoutが更新されるのですが、いくらダッシュボードを更新しても、7/20以降の払い出しが表示されません。

 

あのGenesisMiningですら詐欺だったのか?結局、払い出しは行われたのか?

他の投資を考えている方にも参考になるかと思い、その顛末をメモしておこうと思います。


Payoutのストップが起こる

上にも書いたように、始まりは7/20のPayoutを最後に、毎日続いていた払い出しがストップしたことです。

通常、2日後くらいにPayoutの履歴が記載されますから多くの人は、22日か23日に「おや、おかしいな。Payoutがないぞ?」と気づいたと思います。

 

f:id:camusneco:20170728000905p:plain

 

Twitterでも、23日くらいから、@GenesisMiningに「Payoutがないんだけど」「俺も!」とぽつぽつ質問が投げられはじめました。

 

GenesisMining社の対応

これに対して、GenesisMining社のTwitterの担当者が、

 

 

というTweetを流したので、この時は数時間で問題が解決し、Payoutが再開するものと誰もが思っていたと思います。

 

 

しかし、そこからしばらく再開されることはなく、

というTweetを最後に、何も反応が無くなったことから、Web界隈での反応が一変しました。

俺の金をどうしてくれるんだ!」という怒り以外にも、「3週間前に50万円投資したばかりなのに。。」という嘆きなど、なぜPayoutが止まったかについての情報が何もないことに対するクレームが続いたのです。

 

また、仮想通貨のニュースサイトに掲載された

www.livebitcoinnews.com

 

という記事も不安をあおった形になりました。


「ハッカーにお金をとられたのではないか?」
という憶測や、「金返せ!」といった罵倒がTwitter上でもあふれました。

 

私も心配だったので、リアルタイムでTwitterや公式サイトを注視していましたが、何も語られることはありませんでした。

と同時に、ネットにあふれる声を聴きながら、「実に多様で多くの人がGenesisMiningに投資しているんだな」と妙に感心したのを覚えています。


私も、このときは、「一番大手で安心だと思ったけど、ダメだったか。。投資金額はあきらめよう。」と思っていました。

クラウドマイニングは、私にとっては、毎日利益が積み重ねられる、「目に見える楽しい投資」だったので、これがダメなら次はどんなものに投資するのか、考えないと。。とも思い始めていました。 

CEOのBlogでのアナウンス

このまま、いつ、倒産の連絡を聞くのかな。。と覚悟し始めたところに、7/26の夜にCEOがBlogで経緯を説明しました。

これも、突然Twitterでそのアナウンスがされた形です。

記事は以下の通り。

 

blog.genesis-mining.com



要約すると、

 

7月21日金曜日の夜にハッカーによる不正侵入が行われたが、直後にGenesisMiningの技術チームが検出し、攻撃を阻止しました。
攻撃を阻止した後、GM社は直ちに、監視と不正侵入検出機能の強化、環境の一層の強化など、問題の緩和と再発防止のための措置を講じましたが、そういったセキュリティ対策の強化のひとつが、支払いを遅らせることにつながりました。

 

 

ということでした。

完全に安全が確保されるまで送金しないという姿勢は、セキュリティを重視する観点からは納得できます。
ハッカーが侵入後、顧客のウォレットのアドレスを自分たちのアドレスに書き換えていれば、そのまま払い出しはハッカーのところに送られることになりますから。

 

同時にTwitterも更新が開始され、心配していた人たちに対して、Twitterの中の人からコメントが返されていきました。

 

それでようやく、「信じてたよ!」「技術チーム、頑張ってくれてありがとう!」という賛美の声も聴かれることになったのです。

 

その後、順次払い出しは再開され、私のアカウントでも7/21以降のPayoutが正常に行われています。

 

今回の教訓と、今後の投資姿勢

今回、GenesisMining社の対応は情報の開示が少し遅かった印象はありましたが、数十万人の顧客を抱える企業としては、非難の声は少なく、むしろ状況を把握しないまま、不明瞭な発表をしなかったことは評価できると思います。

 

ネットで非難したり切れていた人達も、Payoutがなかったことに対する焦りでそうしていたらしく、多くの人はPayout再開後に、「慌てて非難してごめん。ほんとはGenesisMining愛してるねん。」という都合のよいTweetをしてました。。。

 

GenesisMining社は常日頃から「セキュリティを重視します」と言っていたので、払いが遅れたときは「だめだな。。」と思っていたのですが、結果的に、セキュリティの強固さと真摯な対応をアピールすることにもつながったと思います。

 

今回の件を受けて、私個人は、ますますGenesisMining社は信頼に足る企業だなと思いました。

Payoutがストップしていた時にはこのBlogの紹介記事の先頭にも大きな赤文字で、「Payoutが停止中です。詳細が分かるまで投資はしないで!!」と書いていたのですが、今後は、少なくとも詐欺ではないということで私個人は安心してお勧めできると思いました。

 

↓ ↓ ↓ 毎日ビットコインを受け取れるGenesis Mining

 

 

さらに、管理人が現在、月々10万以上利益を得ている暗号通貨への投資方法をここにまとめていますので、よかったら参考に。夢のある話だと思います。

暗号通貨で月10万以上稼いでいる管理人の投資ポートフォリオ | 暗号通貨 投資道