読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「blockchain.info」でのビットコイン・ウォレットの作成とセキュリティ設定

ウォレットはビットコインを保管したり、ほかの人との送受信に使ったりできる、インターネット上の仮想通貨の財布のようなもので、

仮想通貨を採掘(マイニング)したり、ビットコインで他のあるとコインを購入するのに必要です。

世界にはいくつか、ビットコイン用のウォレットがありますが、今回、世界で最も使っている人が多いビットコイン・ウォレットである

「blockchain.info」にウォレットを作りました。

作成自体は簡単なのですが、仮想とはいえお金なので、セキュリティは万全である必要があります。

はじめてウォレットを作成すると、何をしていいかわからないという人もいると思いますので、手順をメモしておきます。

 

ウォレットの新規作成

何はともあれ、最初にウォレットを作成します。

Bitcoin Block Explorer - Blockchain

に行き、上部の「財布」(またはウォレット)のリンクを押したら、「ウォレットの作成」ボタンを押します。

 

f:id:camusneco:20170417213644p:plain

 

すると、以下のようなダイアログが出てきて、メアドとパスワードを入力するだけで、拍子抜けするくらい簡単に作成できます。

 

 

f:id:camusneco:20170417215042p:plain

 

はい。終わりです。簡単ですね。

下のような画面が表示されると思います。これが自分の「ウォレット」です。

ここでビットコインを送ったり、集めたりするのですが、仮想通貨を狙うハッカーもいます。

下の図で、左のセキュリティセンターの右側が赤くなっていますが、セキュリティの設定がほとんどなされていないことを示しています。そのため、以下の手順で、セキュリティは万全にしておきましょう。

仮想通貨を盗まれてから、「対策しておけばよかった!」と思ってもあとの祭りですから。

ただ、セキュリティを設定する際には、必ずメモ(データでも手書きでも)を残すようにしましょう。メモをなくして、自分で自分の財布を開けなくなったら笑えないですからね。。

 

セキュリティ設定の手順

f:id:camusneco:20170417215451p:plain

 

セキュリティ・レベル1

最初の設定は、自分のウォレットにアクセスする手段を確保します。例えば、自分のウォレットの番号を忘れたり、パスワードを忘れてしまった場合、最後の手段として、メール連絡や、パスフレーズ(質問のようなもの)があれば、ウォレットを開くことができます。

 

メールの認証

まず行うのは、メールの認証です。下記の絵のように、メール送信ボタンを押すと、登録したメアドにメールが届きます。そのメールに記載されているリンクをクリックすることで、確かに本人の連絡用メアドだと確認されます。

今後は、このメアドに連絡やパスワードを忘れてしまったときの復旧手段が送られてくることになるので、フリーのメアドなどではなく、自分のよく見るメアドにしておきましょう。

f:id:camusneco:20170417220149p:plain

 

 バックアップセキュリティ・フレーズ

次に、セキュリティ・フレーズを決めます。これは、パスワードをなくしてしまったときに、最後の手段として、自分のウォレットを復旧できる大切なものです。

通常は使うことはありませんが、最後の手段として非常に有効ですので、きちんと設定して、保管しておくことをお勧めします。

 

f:id:camusneco:20170417220903p:plain

 設定内容は、4つずつ表示される12つの英単語をメモしておくだけです。

設定の最後や復旧時に、この12この中から順番も含めて4つの単語を入力するように求められます。

そのため、順番と単語をきちんとメモしておきましょう。

 

セキュリティ・レベル2

次のレベルは、自分のウォレットに他人が不正にアクセスできないように設定します。

 

携帯電話番号のリンク

ハッカーなどの犯罪者は、無作為にわれわれのウォレットにアタック(攻撃)を仕掛けてきます。この際に不正アクセスが行われるというわけです。

そのため、自分の携帯を登録しておき、アクセスするときには、その携帯に表示される追加の一時パスワードを入力するような設定にしておけば、アタックも検知できるし、悪者は、一時パスワードは入手できないので、ウォレットにアタックできないことになります。

これを「二段階認証」といいます。

 

はじめに、自分の携帯の番号を入力して、そこに「blockchain.info」からショートメッセージ(SMS)を送ってもらい 、自分の携帯を「リンク」します。

 

f:id:camusneco:20170417221358p:plain

 

2段階認証を行う

それができたら、2段階認証を 有効にしましょう。

「blockchain.info」では2つの2段階認証の仕組みを用意しているようです。

私は一般的な「GoogleAuthenticator」にしました。

これは、スマホで「GoogleAuthenticator」アプリをダウンロードして、そのアプリで下の絵のように、表示されるバーコードを読み取ると、そのアプリで一時トークン(コード)が発行されるようになります。これは一定時間ごとに切り替わっていきます。

2段階認証を行う場合は、このアプリに表示されたトークンを入力するということになります。

 

f:id:camusneco:20170417221706p:plain

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨は手数料が少なく、やりとりがしやすい反面、セキュリティを強めるには、現状、すこし手間をかける必要があります。

今後、この手間が少なくなっていくような技術が生れれば、もっと身近になり、多くの人が使うことになると思います。