今から始めるビットコイン投資まとめ【ビットコインで月々の収入を得る方法】

ビットコインが高騰しているニュースなど、仮想通貨について耳にしない日はないほど盛り上がっている仮想通貨(暗号通貨)ですが、どうしてこんなに盛り上がっているかというと、一言でいえば「儲かるから」です。

 

そんなこと言っても、「ビットコインはすでに十分高騰しているから、もうそろそろ暴落しそうだよね」とか、「一日数%も乱高下したりするから、危険きまわりない」という話を聞いて、「ずいぶん前に投資していたら儲かっていたかもしれないけど、今更ビットコインを買って儲けるなんて無理だよね。。」と思っている人もいることでしょう。

確かに今からビットコインを購入して、数年後数十倍に値上がりするのを期待することは現実的ではないと思います。

 

しかし、ビットコインに投資して利益を生み出していく方法はそればかりではありません。むしろ、今後どんどんその種類も増えていくことでしょう。

ドルや日本円は貨幣ができてから長い年月が経っているにもかかわらず、その交換が為替やFXとして投資対象になるように、新しい通貨であるビットコインも、そのように、「交換」によって利益を生み出すことが日常的になる日がやってきます。


ビットコイン投資は、これからが本格的になっていくと考えられます

数年後、「あのときビットコインに投資しておけばよかった。。。」と思わないよう、今からアンテナを張っておきたいですよね。

 

この記事は、「これからビットコインに投資したいけど、どこから始めていいかわからない」という人のために、「ビットコインで収入を得る方法」をまとめてみたものです。

当然のことながらリスクのない投資法はありませんので自己責任でお願いいたしますね。

 

ビットコインFaucet

一番リスクが少なく、初心者でも始めやすいのがビットコインfaucetです。

 

faucetは、Webサイトを訪問することで、微量のビットコインをもらえる仕組みです。faucetサイトには広告が貼ってあり、サイトを訪れた人の数%が広告をクリックすることで成り立っています。

メアドとビットコインアドレスだけで登録でき、定期的にそのWebサイトを訪問すれば、ちゃりんちゃりんとビットコインがもらえるため、ほとんどリスクはありません。

ただし、faucetサイトの中には、払い出しに応じなかったり、突然サイトごと無くなるところもあり、その場合はせっかく貯めたビットコインが無駄になってしまうこともあります。

損失は「かけた時間」になりますが、ある程度のビットコインを貯めようとすると、それだけ多くの時間を割く必要があります。

投資に対するリターンは小さいですが、リスクがほとんどないということと、ビットコイン・アドレスを使ったビットコインの転送など、仮想通貨「ビットコイン」というものを実際に使って理解するには非常にいい方法だと思います。

 

www.multi-bowl.com

 

複数の取引所を使って、アービトラージを行う

 上記よりも少しリスクが高くなりますが、その分利益も増えるのが、ビットコイン・アービトラージです。

アービトラージは現物取引やFXなどの世界でも行われる手法で、商品の価格が取引所によって異なることを利用して、その差額を利益とします。

ビットコインの取引所は主なところだけでも十数個(Poloniex, BTC-E, Bitfinex, Bitstamp, and Coinbase etc)あり、各取引所でのビットコインの価格が異なります。

不思議に思われる人もいるかもしれませんが、各取引所でのビットコインの価格は、その取引所で取引している人同士で決められるので、常に数百円は違っているのです。

 

その価格差を利用して、ある取引所で安くビットコインを購入し、別な取引所で高く売れば、その差額分だけ利益が出ることになります。これがアービトラージの原理です。

 

リスクは、ビットコインの決済には通常数十分かかるので、その間に価格が変わってしまい、思ったように利益を上げられないことです。また、微量ですが手数料も発生するため、細かい決済を繰り返すと、利益が減ります。取引所によっては、即時決済のオプションがあったりしますので、そういうのを利用して、どれだけ価格変動のリスクを減らせるかがこの手法のカギとなります。

もちろん、取引所間の価格の差額も監視する必要がありますが、そのようなサービスは結構ありますので、それを利用すれば、相場を24H見張っている必要はありません。

 

ビットコインを「貸す」

自分の持っているビットコインを他人に貸して、貸した人から利益をもらう方法もあります。文字通り、「投資」のような方法ですよね。ビットコイン・レンディングと呼ばれます。

 

ビットコインの取引所の中には「LENDING」という仕組みを採用しているところもあり、ビットコインを他人に貸せます。貸してもらった方は、それを使って取引を行い、得られた利益の一部を貸してくれた人に返すという仕組みです。

リスクは貸した金額が回収できないことですが、やり方によっては、結構堅実な方法です。また、ビットコインを使った取引に貸すのではなく、事業を計画している個人に「投資」するビットコイン版クラウドファンディングのような投資方法もあります。
これは、どのような事業で、どの程度リターンが期待できるかを自分で吟味する必要がありますが、得られるリターンも大きいです。

クラウドマイニング

クラウドマイニングは、ビットコインやほかのアルトコインを「採掘」するための「ハッシュパワー」を購入して、共同で仮想通貨を採掘します。

クラウドマイニング会社は、ハッシュパワーを売ったお金で新たな採掘ようのハードウェアに投資し、より多くの仮想通貨を採掘するわけです。

 

この方法だと、購入したハッシュパワーの量に応じて、毎日ビットコインなどの仮想通貨が得られます。信頼できるクラウドマイニング会社で運用すれば、毎日ちゃりんちゃりんとビットコインが入ってくるので、おすすめです。

 

ただし、クラウドマイニング会社はちゃんと選択しなければいけません。中には、実際にハードウェアはないのに投資をつのり、しばらくたつとサイトごとなくなる悪質な会社もあります。運営母体や会社の住所の記載、会社のSNSのチェックなど、きちんとリサーチして投資すれば、ある程度、詐欺まがいの会社は選ばないにようにすることができます。

私が投資しているクラウドマイニング会社はこれ ↓ ↓ ↓ です。

信頼性に高い会社で、実際にデータセンターも持っているとのことです。

www.multi-bowl.com

 

番外編

HYIP案件

HYIP(ハイプ=High Yield Investment Program)は高利回りを提供している投資プログラムですので、基本的にポンジ・スキームです。

初心者は手を出さない方がいいでしょう。投資というよりは、ギャンブルに近いと思います。

基本的にHYIP案件の会社は詐欺だと認識しつつ、うまく投資案件を選べるのであれば利益を出すことも可能だと思います。