読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログを作成後、はじめに行っておきたいアクセス解析の設定と設定で得られるメリット(GoogleアナリティクスとGoogleSearchConsole編)

はてなでブログを作成したら、ぜひ初期のころに行っておきたいことの一つが、GoogleアナリティクスとGoogleSearchConsoleにサイトを登録することです。

これらにサイトを登録するとどのようなメリットがあるかを最初に確認しておきましょう。

 

Googleアナリティクスを導入するメリット

Googleアナリティクスは、サイトに訪問してくれたユーザの動きを詳細に分析することができます。

はてなブログのダッシュボードにもアクセス解析の機能がありますが、リアルタイムでのアクセスや、どんなキーワードで流入してきてくれているのかなどを分析するには、Googleアナリティクスの方が詳細な分析をしやすいです。

 

SSL接続が多くなってきた現在では、キーワードの分析はしづらくなってきていますが、それでも、どのページにどのような人が訪問してくれたのかを分析して、サイト改善に役立てるには、Googleアナリティクスの分析は非常に有効だと思います。

 

GoosleSearchConsoleに登録するメリット

また、GoogleSearchConsoleにサイトを登録しておくと次のようなメリットがあります。

 

ひとつめは、SearchConsoleでは、サイトの「サイトマップ」を送信できます。これにより、Googleに対して、サイトの存在と記事更新を知らせることができるので、サイトに投稿した記事のインデックスが早くなります。

Googleにインデックスされないと、検索の結果に表示されませんから、それを早くできるということは、機会損失が抑えられることになります。

はてなで記事を書くと、書いてすぐに反応があったり、見てくれる人がいるので、初期は特に検索からの流入をおろそかにしがちですが、長い目で見ると、検索からの流入も大事にした方が、安定的なアクセスを見込めます。

 

もうひとつ、私がGoogleSearchConsoleを利用する最大の理由は、「検索アナリティクス」が利用できることです。

 

「Googleアナリティクスと何が違うの?」と思う方もいると思いますが、Googleアナリティクスはサイトに「訪問してくれた人」の行動分析を詳細に行うことができます。

一方、GoogleSearchConsoleは「検索アナリティクス」で、ユーザが検索したワードと、それに対して自分のサイトが何位に表示されたか、また、その検索結果の一覧でクリックされて、自分のサイトに来てもらったかを確認することができます。

 

つまりは、自分のサイトに来てくれる可能性がありながら、来訪に至らなかった人の把握もできるため、サイトの改善に非常に役に立つというわけです。

 

では、早速、GoogleアナリティクスとGoogleSearchConsoleにはてなのサイトを登録していきます。

 

Googleアナリティクスへのサイトサイト登録

設定は、はてなブログのダッシュボード(管理コンソール)で、設定⇒「詳細設定」タブで行います。

下記の画像の赤囲み部分の上の方がGoogleアナリティクスの設定部分です。

 

f:id:camusneco:20170319182953p:plain

 

ここに、Googleアナリティクスで自分のはてなブログのサイトを登録したときに発行された「トラッキングID」を設定します。

 

下記の図のように、「UA-」で始まるIDになっていると思います。

 

 

f:id:camusneco:20170319183011p:plain

 

 

GoogleSearchConsoleへのサイトサイト登録

次に、GoogleSearchConsoleの設定です。

 

SearchConsoleでサイトを追加すると、サイトの所有者を確認する画面になります。

確認の方法はいくつかありますが、はてなでは「HTMLタグ」で確認する方法をとる人が多いと思います。

 

設定方法ですが、「HTMLタグ」を選ぶと、サイトのソース、タグの部分に張り付けるためのHTMLコードを確認することができます。

 

このHTMLコードのうち、content=" "で囲まれた部分にある文字列をコピーして、はてなの詳細設定の管理画面の部分に貼り付けます。これにより、はてなブログで自動でタグが吐かれるようになりますので、設定後、GoogleSearchConsoleの画面でサイトの所有者確認を行えばサイト登録の完了です。

 

f:id:camusneco:20170319183026p:plain

 

f:id:camusneco:20170319183039p:plain

 

サイトの登録が終わったら、ブログのサイトマップをGoogleに送信しておきましょう。

 

最初に設定を行えば、Googleはそのサイトのサイトマップの場所が分かるので、以降は定期的にサイトの更新を確認しに来てくれます。

 

設定する場所は、SearchConsoleのダッシュボードの「クロール」⇒「サイトマップ」です。そこで、「sitemap_index.xml」を入力して、「送信」すれば完了です。

通常、Wordpressのサイトなどではsitemap.xmlですが、はてなブログの場合は上記の文字列なので、注意してください。

 

 

f:id:camusneco:20170319183051p:plain

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

長くブログを続けていくつもりであれば、サイトを立ち上げた初期に行えば行うほど、その効果も表れやすいと思います。少しの手間で、少しでも多くの人に自分のブログが目に触れるようになるとうれしいですよね!