読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の風と共に「日曜洋画劇場」が去りゆく~Gone With The Era~

テレビ朝日の『日曜洋画劇場』が番組から消滅するという悲しいニュースが!
子供のころから私がテレビで見る番組といえば必ず入っていただけに残念でなりません。私が洋画や海外に興味をもったものこの日曜洋画劇場といってもいいくらいすごく影響されました。

www.tv-asahi.co.jp

特に今は亡き淀川長治さんの解説と「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」のセリフは映画に対する憧れとストーリーだけではない映画の楽しみを教えてくれました。今も映画好きなのはそのおかげです!

時代の流れとともに・・・

テレビもリアルタイムで見る人も減って、今はいろいろな動画(映像)配信サービスもあるので、地上放送を待ち望むという感覚ではなくなっていますよね。
見逃したものや何度も見たいタイトルもインターネットの動画配信サービスで好きな時に好きなタイトルを見れるようになりましたもんね。正直、その恩恵にあずかっていますけど。

でもテレビで放送することってなんとなく家族の話題や団らんにいい影響を与えていたと思います。今は個別にスマホやタブレットでバラバラに見ているので共通する話題や俳優もそれぞれで、少し物哀しさを感じます。

f:id:camusneco:20170308172738j:plain

でもまだ映画自体が顕在なのが救いですけどね。

気づいたらこんなにたくさんの動画配信サービスが!

私も2社のインターネット動画配信サービスを利用していますが、テレビ局も地上波放送だけでなくいろいろなドラマや番組を動画として提供しています。とくに映画やドラマは海外のタイトルも豊富にあるのでかなりうれしい。

ここ2、3年で動画配信サイトが増えてきたな、という印象です。当のテレビのCMでやるくらいだからなぁ。知ってるだけでも12~13サイトはあります。一例をあげると、

  • U-NEXT
  • Hulu
  • Netflix
  • Amazomプライムビデオ などなど。

それに各局のオンデマンドサイトや携帯会社の動画サービスを合わせると20を超える数です。それぞれに取り扱うタイトルに違いはありますが、今や見るものも個人で選択する能動的な行動になったのだと改めて感じます。

これだけ選択肢が増えればあえて地上波放送で映画をやる必要性もないという結論に至ったもの分かる気がする。。

時代の流れとはいえ、物哀しさを禁じえない昭和な私です。