読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70周年を迎えるカンヌ国際映画祭はいろいろな意味で注目!

今年もやってきました『カンヌ映画祭』。2017年5月17日よりフランスのカンヌで開催されています。今年はカンヌ映画祭70周年ということもあって注目度が高い映画祭になっています。

日本ではテレビ東京で放送された『山田孝之のカンヌ映画祭』をきっかけに注目されました。このドキュメンタリードラマの中にあった“カンヌ映画祭で賞を獲る”という目標のもと実際に正式応募しましたね。残念ながらノミネートにはならなかったものの、その中で作成された『映画 山田孝之の3D』が6月16日から日本公演となります。

第70回カンヌ映画祭 日本ノミネート作品

日本からは3作品がノミネート、1作品が選出されています。

コンペティション部門(カンヌ映画祭の中心となる部門)
『光』:河瀬直美監督、永瀬正敏氏主演(5月27日公開)

ある視点部門(あらゆる種類のヴィジョンやスタイルをもつ作品群が提供される)
『散歩する侵略者』:黒沢清監督、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己らの若手出演

特別招待作品(コンペ部門外のため受賞には関係ない)
『無限の住人』:三池崇史監督、木村拓哉主演(4月29日公開)

国際批評家週間
『Oh Luky!』:平柳敦子監督、寺島しのぶ主演

時代の流れを感じる“動画”問題が勃発!

今年のカンヌ映画祭で話題になったのがストリーミングサイト(動画配信)Netflixオリジナル作品の2作品がコンペティション部門にノミネートしたことです。それが韓国のポン・ジュノ監督作品『オクジャ』とノア・バームバック監督作の『マイヤーウィッツ ストーリーズ』です。

映画の枠を超えた作品に応募の道が開けたところまではよかったのですが、一部に根強い抵抗感がありカンヌ映画祭の応募作品に関する特別条項が設けられました。それが2018年から「劇場公開の予定がない作品はコンペにエントリーできない」というもの。さらにフランスの法律で「劇場公開から36か月間は映画をストリーミングサービスで配信できない」というものもあり、“映画”の取り扱いをめぐり議論を呼びました。

カンヌ映画祭基本情報

正式には「カンヌ国際映画祭」(Festival International du Film de Cannes)と呼ばれる。1946年にフランス政府か開催して以来、今年で70周年を迎える。

カンヌ国際映画祭はベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と併せ、世界三大映画祭の一つである。映画祭の中で「国際見本市」が併設されるのはカンヌだけ。そのため映画関係者が一堂に会する注目度の高い映画祭となっている。

最高賞は『パルム・ドール』(グランプリ)と呼ばれ、コンペティション部門のノミネート作品から選ばれる。

www.festival-cannes.com

myfxbookで、検証済みトレーディング権限(Trading Privileges Verified)を有効にする方法

MT4の口座をmyfxbookに連携すると、トレードの履歴などを管理したり、それを公開したりすることができます。これにより、自作のEAや運用しているEAの実績をBlogなどでも公開できますが、その運用実績が本当にその口座のものか、本当にそのEAによって注文されたものなのかを保証するのが、

 

  • 検証済みの実績(Track Record Verified)
  • 検証済みトレーディング権限(Trading Privileges Verified

 

という2つの「検証」です。

少し違いが分かりにくいですが、以下の通りの違いがあります。

 

検証済みの実績(Track Record Verified)

これは、その実績が確かにその口座のものであることを保証する検証で、myfxbookのポートフォリオに、investor password(投資家パスワード)で接続すれば、「verified」(検証済)になります。

 

検証済みトレーディング権限(Trading Privileges Verified)

こちらは、接続されているアカウントに確かにリアルトレードする権限があるかを検証するものです。

はじめ、私は、myfxbookにもトレード権限を渡す設定かとそうではないんですね。

接続の設定画面を開くと、myfxbookから発行されたパスワードが表示されていますが、自分の投資家パスワードをそのパスワードに変えることで、その口座にトレード権限があることが分かります。

投資家パスワードを変更するには、マスターパスワードが必要なので、変更可能だということは、口座の所有者であることが保証されるわけです。

しかも、変更したのは、投資家パスワードなので、第三者にトレード権限を持つ「マスターパスワード」が知られるわけではないため、安全です。

うまい仕組みですよね。

 

検証済みトレーディング権限を有効にするには

「検証済みトレーディング権限」をVerifiedにするには、右上のアカウントから、「設定」を開き、該当する口座のポートフォリオの「編集」ボタンを押します。

すると、設定が表示されますので、「Authorization password」に、自分のMT4口座の投資家パスワードを変更します。

投資家パスワードをMetaTrader4で変更する手順については、こちらの記事を参考にしてください。

www.multi-bowl.com

 

 

↓ ↓ ↓「検証済みトレーディング権限」をVerifiedにするためのパスワードがある場所

f:id:camusneco:20170520154317p:plain

大人も遊べる“キュボロ”は知育玩具でとどめるのはおしいレベル

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段の快進撃がとまりませんね。「自身の持つプロ公式戦デビュー後の連勝記録を18に更新した」とのニュースですごい人がいるもんだな、ともっぱら素人の感想の域を超えない驚きです。

その藤井四段の快進撃が思わぬところに副次的効果をもたらしているようです。そんなにすごい子どもがどうやったら育つのかしら?と世の親たちの関心は“教育”に注がれています。
それが『キュボロクボロ』です。

キュボロ(Cuboro)とは?

大人も遊べる3次元構成玩具とありますが、簡単にいえば溝や穴のついた組み木を組み立ててビー玉を転がすコースをつくる積み木です。3次元のピタゴラ装置をつみ木でパズルするイメージです。

組み立て方で穴をふさいでしまったり溝がうまくつながらなかったりと思考力と空間認識能力が鍛えられそうです。構成によっていろいろなバリエーションや難易度で挑戦できるのが魅力です。

スイスのCurobo社の開発した玩具で、ソーシャルワーカーのトレーニングを受けたエッター氏が障害児の能力開発の過程でトレーニングにゲーム性を持たせたものとして進化したおもちゃなんだそう。 Cuboro本社のホームページ >>>

cuboro.ch

Cuboro社のYoutubeでは購入者の作品が紹介されています。

Youtubeで作品を見る>>> cuboroAG - YouTube

日本では「株式会社アトリエニキティ」が公式販売代理店になっています。正式には実店舗のみでの販売となっているので近くにお住まいの方は実物に触れてみてもいいですね。
このキュボロだけでなくヨーロッパの玩具を中心に取扱いがあります。

またオンラインでも各社が販売しています。(現在超人気につきどこも売り切れ!)

Amazonでキュボロを見る>>> Cuboro スタンダード

楽天でキュボロを見る>>> キュボロ スタンダード 正規輸入品

 

 

Metatrader4の自作EAや【くるくるワイド】のトレード戦略をmyfxbookで客観的に把握してみよう

今までいろいろな手法を試してきましたが、最近では【くるくるワイド】が自分のスタイルに合っている気がしています。

 

AUD/JPYの買いを本体にスワップをもらいつつ、相場が逆に向かったときは売りのトラップが利益を出してくれるという構成が、精神衛生上も非常にいい感じですね。

ただ、このくるくるワイド、裁量も非常に幅広い手法でもあるので、私自身まだまだといったところです。。

 

さて、このトラップですが、私はXMのMT4口座で自作のトラップ・リピート・イフダンEAを動かして自動売買させています。

高騰時に無駄な建玉を立てないようにしたり、価格帯によって、Lot数を変えられるように設定できたりと、我ながら気に入っているEAなのですが、どうも、自分自身は、複利や固定に回す利益の集計が苦手で、むしろ、そちらの集計を行ってくれるインジケータを作ろうかな。。と思っていたところ、無料で似たようなサービスを提供しているところがありました。「myfxbook」というサービスです。

 

myfxbookとは

「myfxbook」は、海外FXブローカーの「FxPro」が提供しているサービスで、自分の口座のMetatraderと接続することで、そのMTの売買履歴をポートフォーリオとして見ることができます。

他には、「AutoTrade」といって、ほかの人の作った自動売買システムの取引をミラーリング(コピー取引)することで、様々なアルゴリズムで取引を自動で行うサービスがあったりします。

また、自分の口座の把握だけでなく、FXや相場に関するニュースやフォーラムもあるので、情報を仕入れるにも便利なサイトだと思います。

 

さて、ポートフォーリオの方は、MT4の売買履歴をもとに、口座の推移をグラフ化したり、EAや取引の勝率、日時や月次ベースでの利益や取引結果の集計も行ってくれます。

取引結果は自動で反映されますので、自分で結果を転記したり、エクスポートしてエクセルで集計したりしなくても時系列で確認することができるところがいいですね。

 

↓ ↓ ↓ 時系列のグラフにしたり

f:id:camusneco:20170517232756p:plain

 

↓ ↓ ↓ 取引履歴や勝率、収益を確認したり

f:id:camusneco:20170517232837p:plain

 

 

myfxbookの登録とMT4の接続の設定方法

myfxで無料のアカウントを作り、自分のMT4の履歴を接続する手順を簡単にメモしておきます。

 

①.ユーザ登録

はじめに、「http://www.myfxbook.com/」に行き、右側の「クイックサインアップ」にユーザ名とメールアドレス、パスワードを入れて「登録」ボタンを押すと、入力したメアドあてにアクティベーションメールが届きますので、そのリンクを押せば、登録完了です。

 

f:id:camusneco:20170517233512p:plain

 

 

②.ポートフォリオの作成

 次に、「ポートフォリオ」⇒「アカウント作成」から新規にアカウントを作成します。

 

f:id:camusneco:20170517234053p:plain

 

 すると、プラットフォームを選ぶプルダウンが表示されます。

 

お使いのFXクライアントを選択しますが、MetaTrader4の場合は、一番下の「Auto Update」を選ぶと、口座に直接接続されますので、MTのターミナルやEAから情報を送る形式のEA,Publisherの形式よりも更新がスムーズです。

 

f:id:camusneco:20170517234145p:plain

 上記でAuto Updateを選択すると、下のように、口座のログイン情報を入力する画面になります。口座のログインIDとパスワードを入力すると、危険ですので、必ず、読み取りのみの権限の「投資家パスワード」を入力するようにしてください。

 

投資家パスワード(InvestorPassword)については、この記事に、どんなものなのかと設定方法を書いていますので、ご参考に。

 

www.multi-bowl.com

 

 

 

f:id:camusneco:20170517234410p:plain

 

以上が、myfxbookで自分のMetaTrader4の取引の推移を自動で見ることができるようにする手順になります。

日本の伝統工芸『飴細工』は素人では太刀打ちできない芸術品

先日の連休には普段やれないことをやろうと『飴細工』に挑戦しました。たまに動物や植物などの芸術的なアメを見ますよね、あれです。食べるのがもったいないくらいきれいな飴ですよね。この飴細工って日本の伝統工芸ということです。

実践!飴細工は時間との勝負

一見、粘土のように考えがちで“できるかも”と錯覚するのですが、意外に難しい。なぜなら2、3分で固まってしまうので扱うスピードが要求されます。しかもあまり触りすぎると飴の熱が奪われてすぐに固まってしまいます。

デモンストレーションではササッと作ってしまうため自分でもできそうに感じたのですが。。。ハサミを使って切り込みを入れたり、のばしたり、成形しながらの飴細工はなかなか思い通りにいかない!

今回のお題は“うさぎ”です。飴細工を作る基本技術がすべて盛り込まれているということで初心者向きだったのですが、まず動物の形にならない。そして耳がのびない。修正しようにもすでに固まっている。と散々な結果に。

こういうものって意外に子どものほうがうまく出来たりするんですよね。さぞかし技術的なことがモノをいうだろうと思いがちですが、一緒にいった子どものほうが“うさぎ”に仕上がっていました。飴細工は余計なことを考えない(教えてもらった通りにやる)いさぎよさが必要と実感しました。考えている間に固まってしまうのよ!

これ私の作品ですが、うさぎのつもりが『リサとガスパール』のリサになってしまった。ううっ。(リサ:フランスの絵本にでてくるウサギでも犬でもない生物)

f:id:camusneco:20170517214631j:plain

まあ、初めてにしてはなんとなく動物になっているからよしとしよう。本当に貴重な体験でした。

日本の伝統工芸『飴細工』基本情報

日本の飴細工は96年の奈良時代からあり、その歴史は古いです。日本の飴細工の特徴はその繊細さもさることながら、1つの飴の塊から1つものを造形するのに対して西洋の飴はいろいろなパーツを組み合わせて1つのものを作りあげるところに違いがあります。

今回の飴細工の体験をしたのは浅草にある『アメシン』という飴細工工房です。

www.ame-shin.com

体験はオンラインで予約ができます。>>> 体験教室 | 浅草 飴細工アメシン

 

 

MetaTrader4でInvestorPassword(閲覧用パスワード)を設定・変更する方法

MetaTrader4の実績をブログパーツで公開したり、myfxbookなど、外部のサービスからMT4の成績を参照する場合、通常のトレードに使用しているログインユーザとパスワードを設定すると、少し不安ですよね。

 

通常ユーザでMT4にログインできるということは、やろうと思えばオーダーすることも可能なので、特に海外のサービスだと、予期しない発注や、ましてや引き出しが行われる危険性が無きにしも在らずですから。

 

そのような用途のために、MetaTraderでは「Investoer Password」(直訳だと投資家パスワード)を設定できるようになっています。

これで、ログイン時に口座番号とこのInvestorPasswordでログインすれば、その接続は、「読み取り専用」になります。

これにより、ExpertAdvisorなどの運用実績はAPIによって取得して公開できるものの、発注権限はないので、口座をいじられる心配はなくなります。

 

FX会社でMT4の口座を開設すると、たいていは、InvestorPasswordも通知されますが、会社によっては通知されないもあります。

また、FX会社によってInvestorPasswordが設定されている場合でも、初期設定のままなのは、セキュリティ的にも心配なので、定期的に変更する方が良いと思いいます。

そんな場合でも、MT4の取引ターミナルから「InvestorPassword」は設定、変更が可能ですので、その方法についてご紹介します。

 

MetaTrader4でのInvestorPasswordの設定・変更方法

変更は、「ツール」→「オプション」から開ける「オプション」ダイアログで行います。

ここで、「パスワード変更」ボタンを押しましょう。

 

f:id:camusneco:20170514160151p:plain

 

すると、以下のような画面が表示されます。

ここで、「パートナー(閲覧専用)パスワード」を選んで

  • 現在のパスワード(←通常のログインパスワード。確認用。)
  • 新しいパスワード(←新しく設定するInvestorPassword。)

を設定します。

 

f:id:camusneco:20170514160246p:plain

 

 

以上でInvestorPassword(投資家パスワード)の設定・変更が完了です。

 

日本のシストレ24や、海外の自動売買のEAサイトでも、プログラミングで自動売買するEAをマネして自動売買いてくれるサービスなどもありますが、そういうサイトでも、この機能を使っているんでしょうね。

新フランス大統領マクロン氏就任とフランス国民議会選挙のゆくえが気になる

2017年5月14日にエマニュエル・マクロン氏がフランスの新しい大統領として就任しました。大統領選挙で国民戦線のマリー・ルペン氏を破り勝利した時には、ひとまず安心しました。

フランス大統領マクロン氏は国民議会選挙後が本番

安心もつかの間、近日に「フランス国民議会」の選挙を控えています。いうなれば日本の衆議院にあたる国会議員の選挙です。毎回大統領選挙と同じ年(2002年~)の大統領選後に行われ今年2017年は6月11日と6月18日に投票があります。

フランス大統領は大きな権限を持ちますが、行政運営はやはり国民議会の賛成が必要となるためフランスの政治運営に大きな影響を持ちます。特に行政の実務者長の“首相”は支持政党からの任命が理想ですが、この最終決定は国民議会にあるため大統領支持(与党)が少ないと野党からの首相になり大統領の決定がうまく遂行されない事態が起こる可能性が高くなります。このような状態を『コアビタシオン(Cohabitation)』といいます。首相を任命する権限は大統領にありますが、閣僚を任命する権限は首相にあるので政治運営の舵とりが極めて困難な状況です。

コアビタシオンとは?

コアビタシオン:大統領の出身政党と首相の政党が異なること。

フランスの大統領は大きな権限を持ち、首相は大統領が任命するか国民議会の多数派から選出されますが、最終的に国民議会の承認が必要となります。

大統領には首相を罷免(やめさせる)する権限がありますが自分と同じ政党の首相にする場合、国民議会の承認を得なくてはいけませんので、堂々めぐりとなるため、国民議会の選任した人を任命することになります。

そうなると、フランス大統領といえども首相(議会)の意向を汲まなければなりませんので、権限が弱くなることになります。

f:id:camusneco:20170514101640j:plain

マクロン氏は大統領ですが、新しい政党(En Marche !)のため議会に所属議員を持っていません。政策を実行するには賛成者が必要なため大統領選と同じようにこの国民議会選挙はフランスにとって重要な選挙となります。

大統領選では国民戦線のマリー・ルベン氏を下しましたが、その結果の内容を見てみるとルペン氏への得票率が34%あります。現在の国民議会では国民戦線の議席は2議席ですが、この議席数が伸びる可能性があります。

選挙では既成政党の社会党(オランド前大統領所属)と共和党がマクロン氏の支持を訴えていましたが、議会はどの政党が与党にるかははっきりしません。(マクロン氏は中道を打ち出している。)

これまでのフランスの政治を塗り替えるマクロン大統領の今後の政治運営に注目です。

フランス国民議会選挙の基礎知識

  • 任期は5年、議席は577。

2002年の法改正により大統領の任期が7年から5年になったので、大統領選と同じ年に行われるようになりました。

577名のうち7名は海外領から選出されます。

  • 直接選挙

小選挙区制で1区1人が選出されます。こちらにも大統領選と同じように二回投票制が導入(だから選挙日が2日)されています。

選挙区内において1回目で選出される人は、有効得票数の50%(1/2)超で加えて登録有権者の25%(1/4)以上の票を得ないといけません。このような人がいない場合に2回目で決戦投票が行われます。こちらは登録有権者の12.5%(1/8)以上の得票を得た候補者同士で行われます。この場合、最多の票を得た人で決定となります。同数の場合は年長者。

現在マクロン大統領の政党En Marche !はすべての選挙区に候補者を擁立すると言っています。これまでに擁立が決まっているのは428人です。

候補者のリストが公開されていましたので参考までに。

 >>>Présentation des candidats aux élections législatives(linternaute.comより)